お知らせnews

2017年11月30日

「石川直樹 この星の光の地図を写す」の情報をUPしました

世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹の初期から現在に至る活動を紹介する個展「石川直樹 この星の光の地図を写す」が、12月28日(木)まで市原湖畔美術館で開催されています。

本展では、石川直樹の人類学、民俗学などの観点を取り入れた独自のスタイルの写真を楽しみつつ、ギャラリー空間を歩くことで、世界を旅しているような感覚を体験できます。また、会場の一部で、島状に造作された展示空間にて、サウンド・アーティストの森永泰弘と共同で行われた東南アジアのフィールドワークにおける新作写真や現地で採取した音等もお楽しみいただけます。

【会期】  2017年10月21日(土)~2017年12月28日(木)

【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

【開館時間】平日10:00~17:00、土曜・休前日9:30~19:00、

      日曜・祝日9:30~18:00

【入場料】 一般800円(700円)、大高生・シニア(65歳以上)600円(500円)

      ()内は20名以上の団体料金

      中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料