お知らせnews

2015年12月04日

「デトロイト美術館展」の情報をUPしました

モネやルノアール、ゴッホ、ピカソらヨーロッパ近代絵画の巨匠の作品を一堂に集めた「デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~」が、東京都台東区の上野の森美術館で2016年10月7日から2017年1月21日まで開催されます。

デトロイト美術館は1885年の開館以来、自動車業界をはじめとする有力者からの資金援助を通じて世界の名品を収集。そのコレクションは、古代エジプトから現代まで、約65,000点にのぼります。また、アメリカで初めてゴッホやマティスの作品を購入した美術館でもあります。

本展では、その膨大なコレクションの中核をなす印象派やポスト印象派を中心とした作品52点を展示。世界一有名な自画像の1つであるゴッホの「自画像」や、日本初上陸となるピカソの「読書する少女」など、著名な画家が手掛けた数々の名画をお楽しみいただけます。

東京の他、愛知県の豊田市美術館や大阪府の大阪市立美術館にも巡回します。


【各会場情報】
愛知会場・・・豊田市美術館
2016年4月27日(水)~6月26日(日)

大阪会場・・・大阪市立美術館
2016年7月9日(土)~9月25日(日)

東京会場・・・上野の森美術館
2016年10月7日(金)~2017年1月21日(土)

※チケット情報等の詳細につきましては後日、公式HPでお知らせします。